ホーム > 社会保険 > 労働保険って何?

労働保険って何?

労働保険とは一般に労災保険と呼ばれている「労働者災害補償保険」と雇用保険とを総称した言葉です。 

人員を使って事業をする場合には、一部の例外を除いて、必ず加入が義務付けられています。会社役員や個人事業主は一定の要件を満たす場合、加入することができます。

 

 

社労士ならこちらへ!社会保険の新規加入のお手伝い。

 

 

申告する際はまず、給与の年間額の集計をして、集計額に保険料率を掛けて納付税額を計算します。

それだけなのですが、所得税の計算とは少し給与の集計の仕方が違っています(通勤費を給与の中に入れたり)ので、手計算は非常に面倒です。専門家の手を借りるのもよい方法かもしれません。


関連記事

  1. 会社は従業員の社会保険料を負担しているって本当?

    会社は従業員の社会保険料を負担しているって聞きました。本当なんでしょうか? そも...

  2. 労働保険って何?

    労働保険とは一般に労災保険と呼ばれている「労働者災害補償保険」と雇用保険とを総称...